プロフィール

川村 唯

Author:川村 唯


撮影モデルをしている川村 唯の詩集です


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万華鏡

キラキラと光る鏡。

どこも違和感がなくて・・

貴方の気持ちはどこにあるの?

すれ違い、空回りしてしまった。

”君の心が見えないんだ・・”

そう、彼が言った時、

”貴方も本心を隠してる。”

そう言いたかったけど、
言えずに居ました。

激しくて儚い私達の愛は・・
もう途絶えようとしています。

傷付いている事を知らなかった。

”私だけ”って思ってた。

ガラス細工のように繊細だった。

”解ってあげられなくてごめんね。”

だけど・・・

”私の心の中にも破片が突き刺さってる。”

同じ想い・・同じ心でも・・・

トキは遅過ぎて、二人を無惨にも
引き離してしまう・・・

”夢を見れたから、私。”

そう言うと、貴方が微笑む。

何が原因で、誰が悪いとかの問題ではなくて・・・

”心の中を覗ける鏡”があれば私達、
理解し合えたはずだよね。

きっと・・・

10_1.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

星の砂

サラサラ・・・
サラサラと砂が落ちて行く・・

心が砕けそうで、切ない想い・・

夢が遠退いている・・

そんな気がして、時間を見つめる。

貴方の優しさが、私を包み込む。

さよならは言わないと決めたから。

あの日・・・

二人で語り明かした夜・・

絆が生まれた。

心が一つになって、

二人は繋がった。

もっと愛して欲しくて・・

切願した私。

貴方の強さ、私には心強くて・・

貴方の男らしさ、心に沁み込んでしまう。

心が揺れる頃・・・

貴方は告げる。

”ずっと愛してる”

私にないもの・・

それは勇気。

私に必要なもの・・

それは貴方だけ。

時間と共に落ちて行くその星の砂は・・・

私達の未来への証。

サラサラ・・・

サラサラ・・・

この鼓動、貴方にも聞こえますか?

今、私は・・・

素直になって、貴方に逢いに行きたいの。 

1_1.jpg


テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

風の音

”夢を追い続けたいんだ”

貴方はそう私に告げた。

私に何が出来るかな・・・

旅立つ貴方に、
何が求められるであろう・・・

私が、寂しいと言えば、
貴方はとどまってくれるのであろうか?

私は、言わない。

側に居てなんて・・・

未来を見つめれば、きりがない。

もう、遠くで見ているしかない。

風の音が聞こえる・・・

私だけに・・・

囁いてるの・・・

7-1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

涙の雫

心から愛した人を・・

今は諦めるしかない。

泣き続け零れ落ちた雫が切ない。

心が揺れたあの頃に戻れたなら・・

私は、もう泣かなくていいのに。

夢を追い求めて居られたなら・・

今でも二人は一緒なのに。

素直に透明な心を見せれたら・・

私たちの人生は・・・

同じだったはず・・なのにね。

切なき心・・夢をなくした今・・

離れ離れの人生を歩んで行くんだね。

寂しさは・・・

涙の雫が、流してくれます。

貴方を・・

本当に・・

”愛してる”

その事実だけが残るのね。

Love is・・eternal.

19_1.jpg

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

信じる心

”君が寂しい夜はずっと抱き締めてあげる。
だから心配しないで。”

貴方との出逢いが突然で、まだ貴方の言葉が信じられない・・・

冷めた恋愛をしていた。

本当の愛を知らなかった。

だから私には勇気がない。

信じる心。

未来を見つめる自信も。

それでも私は貴方を見ていたい。

傍に居たいんだ。

ただそれだけなの。

024.jpg

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。