プロフィール

川村 唯

Author:川村 唯


撮影モデルをしている川村 唯の詩集です


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”今から、行くね”

そう言って君は笑顔で出掛けたけど・・・

二度とは帰らぬ人となった。

こんな事が判ってたなら・・

『君を止めたのに。』

いつも居てくれる大切な存在だった。

”もっと、もっと・・・
 君と居たかったよ。”

俺自身・・これからをどう生きればいいか
判らなくなってしまった。

突然の事故が俺を苦しめる・・・

夢から覚めて欲しいと、
何度、願ったか。

君が居なくなって初めて・・
君の存在の大切さに気付いた。

空気のようで・・・

君が居るのが当たり前になっていた。

”いつも一緒に居たかった。
 これからも、二人一緒のはずだった。”

何もしてあげられなかったかもしれない。

だけど、君は・・・

今も笑顔で・・微笑んでいる様にも見えた。

”私はいつも貴方の傍にいます。”

だから・・元気を出して・・

『貴方は私が選んだヒトなの。』


だから・・大丈夫。

『これからは・・私が貴方を守るの。』

そう微かに聞こえた・・君の声。

17_1.jpg

スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

タグ : 詩集 川村 yui kawamura

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。